遮熱塗装工事

HOME > ブログ > 遮熱塗装工事

各種遮熱塗装工事のご紹介

井上塗装店では遮熱塗装の塗替え工事にもご対応可能です。
太陽の光線を反射し、太陽熱を遮る。室内の温度を抑え、快適な環境を実現するそれが遮熱塗料です。
遮熱塗装の主な施工場所は
・工場、倉庫などのスレート、トタン
・鋼板屋根
・体育館の屋根

・戸建の一般住宅屋根(新生瓦)
・仮設住宅、プラントなどの屋根
・畜舎、車庫などの屋根
その他様々な所に遮熱塗料は使われています。
井上塗装店ではパラサーモ、サーモシャット工法等を扱っております。
ここでは各種遮熱塗装について詳しくご説明いたします。

パラサーモ(日本特殊塗料株式会社)はその温度上昇を抑えるために次世代航空機(SST)用塗料の最新技術を応用し、太陽光に対する抜群の反射率と熱放射率に優れた遮熱塗料です。屋根の裏面温度を従来の屋根用塗料と比較して”15℃~20℃”も低減させることに成功しています。


<パラサーモの特徴>
1.優れた遮熱性を発揮します。
太陽光に対する反射率の優れた着色顔料と、熱放射率に優れたセラミックを採用することで、抜群の遮熱性能を高めることを可能にしました。各種の屋根(鋼板屋根、トタン屋根、新生瓦、波形スレートなど)に塗装することで、室内への熱の侵入を遮断し、室内温度の上昇を抑えることができます。エアコンなどの空調設備の省エネ効果に抜群の性能を発揮します。
2.優れた塗膜性能
臭気などの環境問題に対応した実績のある「NAD系樹脂」がベースのため下地の影響を受けにくく、塗替え適性に優れています。また、強靭なウレタン結合により酸性雨や紫外線および熱劣化のたいせいに優れるとともに、高い耐久性があります。
3.カラフルな色彩と光沢のある外観
屋根用として人気の高い光沢のあるブラック、ブルー、ブラウン系などの18色の標準色(常備色)を取り揃えています。建物や周辺の環境にマッチし、一般住宅や工場の屋根などの幅広くご利用いただけます。
4.防藻・防カビ性による高耐久性
当社の防藻・防カビ塗料「モルドクリーンシステム」の配合技術を応用することにより、長期にわたって藻やカビから屋根を確実に保護します。

<遮熱メカニズム>
1.通常の塗膜では、太陽光スペクトルのうち、とくに熱作用の高い近赤外線を吸収するため温度上昇が大きいのに対して、パラサーモは配合された特殊熱反射顔料や特殊セラミックが、熱作用の高い近赤外線を効率よく反射・産卵し、太陽熱の吸収を防ぎます。
2.パラサーモでは、塗膜にいったん吸収された熱を特殊セラミックの働きにより熱放射します。

3.これらの複合作用により、高い遮熱性能を実現します。

サーモシャット工法 遮熱断熱工法(エスケー化研株式会社)は外壁の遮熱と断熱のダブル効果で室内の省エネに貢献します。特殊バルーンを含有させた断熱材・保湿性を有する中塗り層により、室内温度変化を低減させると共に、遮熱性、低汚染性を有する上塗り層により太陽光による構造物の温度上昇(熱負荷)を緩和させる外壁の遮熱・断熱工法です。

<遮熱断熱工法の適用下地>
・コンクリート
・石綿ストレート
・セメンモルタル
・各種旧塗膜など
・各種ボード


<サーモシャット工法の特徴>
1.優れた断熱性・保湿性
特殊バルーンを配合した超軽量・低熱伝導性を有する中塗材は、室内温度の変化を低減させ、夏季、冬季における冷暖房費の節約に役立ちます。
2.幅広い色相で優れた遮熱性

熱線反射機能を有する上塗材は、太陽光分布の約40%を締める近赤外線(熱線)を高反射し、幅広い色相範囲で夏季の熱暑から身体の温度上昇を抑制し、冷暖房負荷を低減します。
3.高耐久性・低汚染性

上塗材はシロキサン結合により三次元に架橋した強靭な塗膜を形成し、紫外線や汚染性に対して優れた抵抗性を示します。また、長期にわたり遮熱性を維持します。
4.防水性

微弾性塗膜は下地の微細なひび割れに追従し、雨水などに対して優れた防水性を発揮します。

↑ページトップ

メニュー 光触媒工事とは? 遮熱塗装工事とは? ブログ&更新情報